読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアの「ツミホロボシ」

本エントリーは、2016年度、ポエムアドベントカレンダー2日目です。

qiita.com

ボードゲーム会に参加したりすると「ツミホロボシ」という単語を良く聞きます。意味を聞いたらなるほどなぁ、と思いまして、そして、それは実はエンジニアにも通じるものがあるかなと思いましたので、そのところの思いをぶつけていこうかなと思います。

ボードゲーマーの「ツミ」

初期の頃のボードゲーマーにはあまり無いことだと思いますが、一部のボードゲーマーは「ツミ」を日々重ねてしまったりします。僕も日々「ツミ」を重ねてしまっています。

ボードゲーマーは「ツミ」を放置してはいけません。放置しておくと、どんどん「ツミ」が増えて酷いことになります。その「ツミ」を償わなければなりません。「ツミ」を滅ぼさなければなりません。

なんか良く分からないでしょうか、打ち滅ぼした「ツミ」「ツミ」上げてみました。

f:id:Nobkz:20161202092926j:plain

そう「ツミ」というのは、未プレイのゲームの事を指します。ボードゲーマーにとって未プレイのゲームを「ツミ」上げることは「ツミ」なのです!

エンジニアの「ツミ」

一部のエンジニアもまた、「ツミ」を重ねてしまいます。エンジニアの「ツミ」というのは、それは技術書です。

なぜエンジニアの「ツミ」も悪いことです。なぜ「ツミ」は良くないことなのでしょうか?

技術書というのは、その分野において自分自身にない知識や発想、視点、考え方を得る体験です。それは、エンジニアは日々問題解決しているとは思いますが、その技術書持って得られたものは、日々の問題解決に非常に有用なものです。つまり、技術書を読むということは、自分自身の問題解決へのアプローチの選択の幅を与え、時には問題の理解に深みを与えます。また、解決できなかった問題を解決できるようになるかもしれません。

そのような中で、技術書を未読として「ツミ」上げてしまうということは、日々の問題解決を選択肢の幅を失ない、問題の理解が浅いもとのなり、本来解決できた問題が解決できなくなってしまうかもしれません! ああ、 なんと「ツミ」なことか!

さらに不幸なことに、技術書には有効期限があるものもあります! 3年、4年経ってしまうと、償えない「ツミ」になってしまうかもしれません。

エンジニアの「ツミホロボシ」

エンジニアの「ツミ」は滅ぼさなければなりません! ではどうすれば「ツミホロボシ」できるのでしょうか?

ひたすら手当たり次第「ツミ」を滅ぼしても良いでしょう。しかし、そのような真っ当な方法では「ツミ」は滅ぼせないかもしれません。

「ツミ」を滅ぼすには、あなた習慣を変えなければなりません。その習慣が「ツミ」を生み出しているのですから。その習慣を変えるということは、普通の人間にとっては難しく、「三日坊主」という言葉もあり、容易にはできないことです。

「ツミホロボシ」の習慣化について、語りましょう。まず、第一に、「いつやるの?」「今でしょ!」ということです。自身の「ツミ」に気づいたなら、直ぐに「ツミホロボシ」を実行するべきなのです! 「明日かやる」ということは「やらない」ということと同義であることを覚えておきましょう。

第二に「時間をつくるために、ライフスタイルを変える」ということです。ただ、いつもの日常の時間の中にどこかに「贖罪時間」を作るだけでは、不十分です。いつものライフスタイルだからこそ、「ツミ」なのです。たとえば、仕事から家に帰って「ツミホロボシ」をしようと考える方が多いでしょう。しかし、実際には、仕事から帰った時には疲れてしまい「ツミホロボシ」できないとか、深夜に「ツミホロボシ」してしまい、翌日は寝不足だとかという状態になりかねません「ツミホロボシ」のためには、そのライフスタイルを修正しなければなりません。時間を作りましょう。てっとり早く時間を作るのには、「仕事」を犠牲にして良いかもしれません。なぜなら、仕事の生産性を上げる結果につながるからです。上司を説得して仕事中の勉強、読書を認めてもらったりしても良いでしょう。もし認めてもらえないとかであれば退職すると良いですね。

第三に、「場づくり」です。これは、どういうことかと言えば、人間は一人で読書するのはツライものもあるかもしれません。その場合、複数人で、あつまって「ツミホロボシ」すると良いですね。なにかイベントを開いても良いでしょう。エンジニアは一人で勉強する方々が多いですが、複数でツミホロボシするとすごく「ツミ」をつぐなう効率が上がるかもしれません。また、そういった場をつくることによって、読む意思が高くなったりします。「場づくり」のコツを教えましょう。その「場で読む」ということです。事前に読む課題を課すなどをしてしまうと、ツライものがあるので、「その場で読む 」ように「場づくり」をした方が良いです。

さぁ、「ツミホロボシ」するのだ!

2日目の今日は、「ツミホロボシ」について語りました。エンジニアで「ツミ」をたくさん持っている方は今すぐ滅ぼして行きましょう。

3日目のポエマーは@boiyaaさんです。

素晴しく美しいコンポーネント! 今度はイベリア半島を疫病から救え! パンデミック:イベリア紹介

本エントリは、2016年度 ボドゲ紹介Advent Calendarの1日目です。

www.adventar.org

1日目はパンデミックイベリアを紹介したいと思います!

2016年いろいろなボドゲが出てきましたが、今回紹介したいのが、パンデミックシリーズの最新作、パンデミック:イベリアです。「オーディンの祝祭」とか「Via Nebula」 も良かったですが、今年はパンデミック:イベリアを紹介したいと思います。

ちなみに僕は、パンデミックシリーズが大好きで、全部購入しています。その中でも、今回のパンデミック:イベリアがいちばん好きかもしれません。それぐらい、良かったです。

さて、紹介して行きましょう。

基本的な説明

パンデミックは協力型のゲームで、プレイヤーは蔓延する病原体に立ち向かいます。パンデミック:イベリアは、パンデミックシリーズの中でも、19世紀の中盤のイベリア半島を舞台に、各地で蔓延する疫病を研究し、蔓延を防ぎます。

では、簡単にその魅力を紹介していきましょう。

非常に美しいコンポーネント

パンデミック:イベリアの魅力はなんと言ってもコンポーネントがとにかく美しいってことだ。箱から空けて中身を見たときは「おお~」となったものだ。

まず箱。美しい。箱の底の模様も良い感じ。

f:id:Nobkz:20161202031811j:plain

次にゲームボード。イベリア半島。19世紀感があっていいね。

f:id:Nobkz:20161202031408j:plain

僕が特に「ええなぁ~」と思ったのはカード類。裏の柄がマジでいい。

f:id:Nobkz:20161202031441j:plain

f:id:Nobkz:20161202031512j:plain

f:id:Nobkz:20161202031541j:plain

ひたすら良い。

線路を引くぞ! 浄化するぞ!

ゲームの進め方などは通常のパンデミックと同じように進みます。しかし大きく違うところは、まず線路が引けるということと、水の浄化があるということです。

f:id:Nobkz:20161127144045j:plain

19世紀中盤ということなので、飛行機なんてありません! 通常のパンデミックはその移動手段として飛行機を使った移動が多いのですが、その代わりの移動手段として、線路を引き移動することができます。線路は1アクション使って建設しますが、線路で繋がっているところであればどこでも1アクションで移動することができます。

次に水の浄化ですが、浄化トークンを置くいて、都市に疫病の感染を打ちけすことができます。このゲーム、通常のパンデミックと違い、治療薬の完成はしません。「疫病の蔓延を防ぐ研究」をすることが目的です。治療薬は完成しないので、研究が進んでも、病原体の根絶や、治療で全部コマを取り除くみたいなことはできません。その変わり、浄化を上手く使って、感染を遅らせましょうということでしょう。

他にも違いはありますが、なかなか通常のパンデミックとは異なるゲーム感が味わえます。線路を引いて、マップが発展するのを見るとなかなか面白いですし、水の浄化を都市にばらまくのも楽しさがあります。また、この違いが、通常のパンデミックの考え方とはちょっと違う脳味噌を使う感じが良いですね。

難易度など

最後に難易度に関しては、協力ゲーの中では比較的易しい方じゃないかと思います。通常のパンデミックより難しいとう声が多いようですが、僕はあまりそうも感じません。むしろ場合によっては、パンデミック:イベリアの方が簡単かなとも思います。

とにかく美しくて、時代の雰囲気が良いながら、病原体を対処しつつ研究しなければならないという焦燥感を感じながらプレイできるのですごく良いと思いました。

明日はさんですakuraruさんです。てかもう書いてた

d.hatena.ne.jp

ボードゲームの熱が上がってきている

ボードゲームの熱が上がってきている

本当はボドゲのアドカレにでも書こうと思ったんだが、ポエムに近い話なので、軽く、自分のボードゲームについて軽く話してみる。

ボードゲームは「おもちゃ」だった

ボードゲームをいつから始めたのですか?」と聞かれることがあって、僕は「小学生くらいから」と答える。ただ、この答えは僕のことを説明するには不足なのだ。どういうことかと言われたら、僕がそれをボードゲームボードゲームと認識したのは小学生の頃ではないからだ。それを「おもちゃ」だと思っていたからだ。いや、「おもちゃ」なんだが、それは「子供がやるもの」と認識していたのだ。

僕にとってのボードゲームは最初、ポケモンカードゲームミニ四駆だとかビーダマンだとか、そういうものと同じ部類だった。僕が小学生の頃、身内がから「cafe international」をプレゼントしてもらったことを覚えている。たぶん、このゲームが僕が一番最初にやったボードゲームだ。

「cafe international」は、実際に購入してプレイしてほしいのだが、なかなか面白いゲームだと思う。その僕がやってたものは、ソビエト崩壊?以前に作られたらしく、いまはロシアに表記されているのだが、その当時はソビエトの国旗が書かれていた。小学校の社会の地図帳にソビエト連邦がのってなかったので、子供心に「あの国」ってどこにあるのだろう?とずっと探していた記憶がある。

たぶん、小学校の頃はポケットモンスターやらスーパーファミコンやらビーダマンやらそういったものでみんな遊んでいたと思う。僕も、学校から帰ったあとに、そういった遊びをしつつ、その中に「ボードゲーム」を入れていたのだ。それが普通だと思っていた。それがどうやら普通でないと分かったのが、大学生ぐらいからだった。

僕は、それから「flinke pinke」や「bluff」「カタン」「砂漠を越えて」「Elfenland」など本当にいろんなゲームをやっていた記憶がある。ちなみに、全部その身内からのプレゼントだ。

小学校の頃は、こういったゲームをほんとうに遊びの一部、遊びの延長線上としてやっていた。TVゲームは目が悪くなるから~といって、1時間TVゲームをやったあとに、こういったもので遊んでいた。

中学や高校になっていくと、僕と僕の友人は急がしくなってきた。部活や勉強、受験、新しい友達付きあいなど、ボードゲームは時間と友人がいてこそのものだ。それでもたまーに、友達をやっていた。それが、週に1回だったものが、隔週になり、月1になり、半年に1回になり1年に一回になった。

高校ぐらいになってくると、そもそも僕はこの「おもちゃ」をダサいと思うようになってきた。高校を卒業する時はもうやらなくなっていた。

自分で買ったボードゲームはあんまり無かった。ボードゲームを買うぐらいなら、マンガやゲームや部活などにお金を使った方が有意義だった。だいたいが、小学校や中学校までの頃の貰いものばっかりだった。

そして、僕は大学に入る前に、その頃に貰った「おもちゃ」を全部処分してしまった。そもそも、高校の頃になってくると、そういったものは、「子供のおもちゃ」だし、もう子供じゃないから、子供から卒業しよう!と思い、ゲーム類をだいたい処分してしまったのだ。今となっては後悔している。

ボードゲームだと認識したとき

そして、そういったものがボードゲームだと気づいたときは、大学生の頃だった。大学3年ぐらいになった頃、「ドミニオン」をサークルのメンバーとやったことがあった。また、人狼もやったし、他のところでTRPGをやったことがある。

そのころははっきりと「ボードゲーム」となるものを認識したのだ。ただ大学の頃は、それが子供のころやってた「おもちゃ」と同じジャンルになるなんて思いもしなかった。

そして、スタートアップをやってた頃に、クローズドなゲーム会に参加して、いろんなゲームをやっていた時に、子どもの頃にやっていたゲームと、同類だと気づいたのだ。そのゲーム会では知らないボドゲがたくさんあったのだが、そのボドゲの中に、子供の頃にやったがゲームが紛れ込んでいてひとりびっくりしたのを覚えている。「スコットランドヤード」と「マンハッタン」である。

そのから、だんだんとボードゲームを買い始めた。ただ、その最初の方は、時間がなかったので、積みゲーが増えていくばかりだった。ボードゲームが段々をやれるようになったのが、僕がスタートアップを辞めてから転職してしばらくたった頃である。

時間と、やれる環境

僕は、スタートアップを辞めて、ボードゲームを意識してやり始めた。子供の頃にやっていたボードゲームを書い集めつつ、最近出てくるボードゲームも買い続けている。ただ、思うのが、これができるのが、時間と友人とお金とやれる環境があるからだ。

それと重なるように、最近はボードゲーム自体がブームになってきつつある。とても幸運な状況である。最近では戸畑の北九州ゲーム会に参加してきた。びっくりするほどプレイヤー人口が増えている感じがある。

今日もゲーム会である。楽しんで来る。

UX Japan Forum 2016に行って梅田迷った

さてさて、

nobkz.hatenadiary.jp

大阪編の続きで、UX Japan Forumに行ってきた話をしておく。

passmarket.yahoo.co.jp

梅田で迷う

午前中は、Scala Kansaiという別のイベントで、登壇してきた。それは、Qiitaにエンジニアブログとしてあとでまとめる。登壇したあと梅田に行く。12時受付だし、11時30分に梅田に付いたので、少し梅田の地下街を散策をしようと思った。それが間違いだった。

迷っているときの写真は無い。というか、迷っている時に、写真を取る余裕なんて無い。しかも、どこに行ったか?なんて迷っている時あそこってどこだっけ?って感じだった。おなかが空いたので、何か食べたのを覚えていたのだが、何を食べたか覚えていない。

しかも、梅田の地下街ってGoogle Mapも役に立たない。GPS効かない。しかも、立体構造なので、平面的に考えられない。

浅野先生がD.A ノーマンの「複雑さと共に暮らす」という話をしていたのを思い出した。さぞかし、大阪の梅田は飽きないんだろうな?

結局、会場に付いたのが13:40分だった。

会場に付いた、最初のセッション

会場に付いたら、既に、最初のセッションが始まっていた。

草郷 孝好先生の話だった。そういえば、そのあとみんなが「タカさん」「タカさん」と言っていたが、最初を聞き逃したので、なんで「タカさん」と呼んでいるのか?が良く分からなかった。とりあえず、合わせて「タカさん」と呼んでいた。

アクションリサーチの話で、面白い話だった。最初遅れて来たので後ろの方に座ったので、スライドがあんまり見えなかった。(あとで、前の方に座ったが。)

「いかに当事者として巻き込んで行くか?」ということに付いて考えさせられた。

終わったらすぐさま、前に席を移動。

f:id:Nobkz:20161008141631j:plain

第二セッション

小島さんの話。

富士フイルムのことについての話。研究者の専門性が違いコミュニケーションが取りにくいので、形にしてコミュニケーションを取って言った話など面白かったのは覚えている。しかし、あんまり僕の中に残ってなかった。

そういえば、UXのイベントとかで、運営じゃなくて、ただの参加者になったの久しぶりだなーという感覚で、久しぶりに他の事を考えずに話に集中できた。しかし、集中できたのはいいものの、逆に抜け落ちるところもあり、なるほど、ただの参加者だと以外とあんまり学習できないなと実感している。メモなど記録は取っているのだが、なかなか自分に残らない。

パネルディスカッション

パネルディスカッションがあった。

f:id:Nobkz:20161008143214j:plain

いろんな話があって、これも凄くいろいろ考えさえられた。そうえば、最初、浅野先生が「パネルディスカッションが評判が悪い」と言っていたが、個人的にはこれが一番面白かった。 いくつか印象に残るったことを記す。

まず、小島さんの「社内ではフィルムがなくならないっと思っていた」というのが凄く印象に残っていて、「やるしかなかった」という話とか、「成功しきれてない」という話で、なかなかスマートに解決しないことを再認識させられた。外では上手く行ってるように見えても、なかなか、内部を見ると、上手く行かないってのはどうやら、どこでもそうみたいな感じな気がした。

そして「思想が違うんだよ」という話が良く分からなかった。良くわからないけどなぜか印象に残った。今考えると、たぶん、カメラのメーカーの目指すところが違うという話なのかもしれない。

また、タカさんの「地域の人達は自分たちでは自分達の価値に気づかない」という話。自分達では気づかない価値があって、それを気づくには外を連れてきて気づいてもらうということ。そして、浅野先生が「企業でもそうで、自分達の会社ことが分かっていない」という話や、さらに「大学でもそう」みたいな話が印象に残っている。

タカさんの話で、学生が「知識が増えないじゃないか!」という話で、「違うんだ知識を増やせ」というのも面白い。教えてもらうよりも、自分達で増やすことが大事なのかもしれない。

最後に、UXは「みんなが幸せになること」みたいな話で、「デザインが、しくみを作ることに変わっている」という話で、パネルディスカッションが終わった。

LT

次にLTがあった。

最初は、UX 広島の薬師神さんの話。UXをやるには、実践の壁があるという話。とりあえず、スライドの写真が気になりすぎてなんとかしてほしいと思った。

f:id:Nobkz:20161010152035j:plain

次に、UX Fukuoka ヨシカワさんの話。コミュニティの外側から気づくことが多いという話。内部やるよりも、コミュニティの外の人達を巻き込むのも重要かなと思った。

f:id:Nobkz:20161008155547j:plain

次にアクアリングの平野さん。事例。すごく面白かった。ただ、ここでいろいろ書くとマズイのでコメントしない。

f:id:Nobkz:20161008160829j:plain

最後坂本さん。「社会というと社交である」という話が印象に残っている。

f:id:Nobkz:20161008162531j:plain

UXコミュニティの紹介

徳見さんの、UXコミュニティ紹介の話。タマゴのはなしをしていた。

f:id:Nobkz:20161008163220j:plain

閉会、懇親会、飲み

懇親会があった。 懇親会は会場が別で移動した。移動の最中に、ビルの中のスペースを歩くの、なるほどーって思った。

懇親会会場は天井が高かった。

f:id:Nobkz:20161008171506j:plain

おなか空いたので、いろいろたべた記憶がある。

f:id:Nobkz:20161008173637j:plain

二次会

二次会は、タクシーで移動した。

なんかオシャレ感。ビールがたくさん種類があって、いろいろ飲んだ。おいしかった。

f:id:Nobkz:20161008201543j:plain

f:id:Nobkz:20161008201621j:plain

UX 名古屋の母と呼ばれている人と話したり、平野さんと坂本さんの席がひたすら、 卵焼きが楽しい店の話をしていたりと、聞いてていろいろ面白かった。

三次会

f:id:Nobkz:20161008224516j:plain

とりあえず、「○○どうですか?」という話をした。

ゲストハウスで泊まる

ゲストハウスで、泊まった。ここで電池が切れたので写真は無かった。韓国人から何故か紀州の梅干しを頂いた。

翌日

翌日は、朝方に客引き大量にエンカウントしたり、難波に行ってたりして楽しかった。相変わらず携帯は電池が無かった。

まとめ

梅田迷った。ビールおいしかった。卵焼きの店の話を詳しく聞いた。ゲストハウス泊まった。

全国UXコミュニティMTG #03に行ってきた。

10月7日(金)に全国UXコミュニティMTG と、翌日にUX Japan Forumがあり、行ってきたのでブログを書いておく。まずは、全国UXコミュニティMTGの話。

午後16:00からだったので、午前中はお仕事。新幹線で13時の便に乗り、15:30分に新大阪に付いた。そして、大阪駅向かった。

大阪駅はデカい。とりあえず、外に出てみた。

f:id:Nobkz:20161007155201j:plain

google mapを使って会場に向かった。なんかgoogle mapが大阪では使いにくかった。

会場は、またデカいビル。エレベータで上に上がって、会場に付く。会場はガラス張りで、すごく高い場所だった。

f:id:Nobkz:20161007160459j:plain

会場に付いた時はまだ2、3人しかいなかった。だらだら外を眺めてたら、人が集ってきた。

f:id:Nobkz:20161007161237j:plain

人が集まり出し、始めてお会いする方々と名刺交換しつつ、おみやげを貰ったりしてたら、UX コミュニティMTGが始まった。

f:id:Nobkz:20161007164359j:plain

まず、簡単な連絡事項から始まり、UX Osakaから順に、活動報告をしていた。

各コミュニティの話はまぁ、メモしているのだが、まぁざっくり、頭に残っていることを記す。

UX Osaka

浅野先生のセミナーの前半がおわり。集客ムズイ。

UX Kyoto

中級者向けのイベント開くが、初心者ばかり。メンバーが産休に入って休止してた。

UX Hiroshima

アメンバーあつめしてた。あと坂本さんのイベントをやった。

UX Fukuoka

UX Japan forumで吉川さんが燃え付き症候群。

UX Shinshu

ディレクター協会長野支部と一緒にやってた。

UX 名古屋

UX 名古屋とSakae UXがくっついた。

HCD-Net 名古屋

いろいろセミナーを開いている印象。

とまぁ、こんな感じ。その後、全体でなんか議論した。議論の内容としては、ざっくり

  • 集客ムズイよね
  • タイトル重要。ツールの勉強会イメージを付けると良くない
  • コミュニティメンバーは一社じゃなくて数社が良い
  • 主体ほしい
  • 運営が力尽きるのよくない

みたいな感じだった気がする。みなさん悩んでいる様子。

そのあと、会場を移して飲み。

f:id:Nobkz:20161007190325j:plain

f:id:Nobkz:20161007190331j:plain

f:id:Nobkz:20161007190912j:plain

焼き物ばっかり。結局、ダイアナ焼きとエジプト焼きっ食べたけど、てなんなんだ?

f:id:Nobkz:20161007204954j:plain

f:id:Nobkz:20161007201303j:plain

とりあえず、自販機が謎過ぎた。

十分に食べて飲んで語って解散。

f:id:Nobkz:20161007223543j:plain

ホテルは新大阪に一泊した。 ちなみに2日目はゲストハウスに泊まった。

「当たり前なことをやればいいのに、なぜ勉強するのか?」ということについて

久し振りになにかポエムでも書きたくなったのですね。コミュニケーション苦手な人ががんばって書いた。

「当たり前なことやるのに、なぜ勉強するの?」

フロントエンドエンジニアの会の方々を会話したときに、UXの本で教科書的なの無いと言われてとりあえず、「UXの教科書」を勧めた。

その時にその人に「UXの人と話して、当たり前なことをやればいいって言う時があるけど、自分は当たり前なことをやっているから特に勉強しなくても良いよね?」云々という発言をされたとき、ある気づきを得たので、ちょっと「なぜ勉強するのか?」について、僕の意見を述べておこうと思う。以下はUX関連を想定していいるが、別に他の領域でも当てはまることだと思う。ちなみにその人には「その件、ブログでまとめるから読め」と言った。

日々、何かを勉強し、実践していくと「良く考えると、これ当たり前なことだな」って思うことが多い。そういう気付きを得たとき、まわりの人達に共有して、「当たり前のことだなと思う」とか言うことが多い。そして、僕は何かUXに関する会話のとき、ときどき初学者に対して「当たり前のことをやれば良いんだよ」とか言う事も多い。

どうやら、そうすると初学者は「当たり前のことだから、あんなに沢山本を読んだり、ワークショップに行ったり『大変』なことしなくていいよね?」と思うらしいのだ。

「当たり前」の認識の違い

始め僕はどうしてそういう考えに至るのか、って良くわからなかった。しばらく考えていくうちに、他の人達と会話していくうちに、なるほど納得したと思うようになった。

まず、第一に「当たり前のことがちゃんとできている」って考えがあるってことだ。それには「当たり前」を「普段、普通に、日常的にやっていること」と解釈しているような気がする。だから、「普段やっていることをやればいいので、自分はやれている」と思ってしまうのだ。また、「当たり前」というのを「普通でまともな人が共有していること」と思っている場合もある。この場合も、「自分も普通の人で、まともな人」であるという意識があって、だから、自分も共有しているはずで、その通りやっている、みたいな考えを持っているように思える。

こういう考えに立ってしまうと、なるほど、わざわざ小難しいUXの本を読む必要も無いし、日々勉強すること自体が意味を成さないように思えてしまうのであろう。

また、「勉強する」その目的は、「自分達の知らない、何か真新しいもの。劇的に何かが変わるもの、改善するものを知る。身につける」である認識があるように思える。しかし、「当然のこと、当たり前な」と言ってしまうと、期待したものが得られない、ということにもなってしまうだろう。そもそも、勉強して分かる素晴しいものの殆どのことは泥臭くやって見つけることで、スマートには見つからない。

一方、僕は無意識に「誰が考えてもそうなること」を「当たり前」と言っていた。その前提として、「本質をつかむ」ということがあると思う。つまり、「本質を知ると、当然そうなるよね。」ということだと思う。逆に本質が分からないと、「当たり前の事が理解できない」ということである。

何かを勉強する、何かを学ぶことによって、なにか本質的なことを掴んだとき、凄く新しい発見や事実、概念、アイディアなどをその真新しさを感じることのように思える。その時は、その新しさを感じながら、どんどんと真髄を究めたいと思う。しかし、とある地点から、「ん?これ当然のことじゃね?」と思うようになってくる。そうして、「新しいこと」だと思えたものが「よく考えたら当たり前」ってなるんだ。

僕はそういった経験をたくさんしてきていて、最近考えるようになってきたのが、「学んで勉強して分かる本質的なこと」のほとんどが良く考えたら現実に合致している「当たり前」であるということだ。直感的でないような事実も、それは現実に起きている事実であって、本質的で、当たり前なことのように思える。「現実に起っていること」「本質的なこと」が「当然のこと」なのだ。

なぜ勉強するのか。

とすれば、「何故勉強するのか?」というのは「当たり前のことが分からない」し「当たり前のことができないから」ということだと考える。「いま自分にできない当たり前の何か?」を発見するということがまず勉強することの一つであるようにも思える。だたし、それは「当たり前にできるよう」になるってことじゃあなくて、その一歩手前の段階である。それだけではできないのである。

「当たり前のこと」をいきなりやることは難しい、「普段やること」とは違うからだ。

たとえば、ダンスをやっている人の時の話を聞いたことがある。ダンスの先生のカッコイイ動きを真似するためには普段と違うことをやらないといけない。普通じゃないのだ。しかし、初学者や下手な人達は、「自分がやりやすい動き」をする。そして、初学者や下手な人は「自分がやりやすい動き」をしたがるし、そのことに気づいていない。上手くなる人ってのは、その本質に気づく。「普段やらない動き」に挑戦するのだ。最初は失敗するものだし、しかしそのことによって「普段やらない動きが普段やる動き」になる。とダンスやっている人と飲んでて話しを聞いたことがある。

それで、「普段違う動きをする」ためにはまず、「当たり前」のことができないと認識することがまず大事なんじゃないかと思うのである。その為に勉強するのだ。

普段から現実に何が起っているのか?という関心を持ち、観察したり整理したり、思い込みを発見し、他人と議論し、自身を修正して行きながら、本質を掴んでいくものだと思う。本質的なことが見えてくると、それが「当たり前」になり、あとはそれをやるだけになる。「やるだけ」が難しい人が多いのだが。

以上が「当たり前なことやればいいのに、なぜ勉強するの?」ということについての回答である。「あの人」は参考になっただろうか?

UX シンポジウム2016 福岡にスタッフとして参加した件

uxsymposium2016.peatix.com

さてさて、久しぶりですが、書いておきます。UX シンポジウム2016 福岡にスタッフとした参加した件。

ラーニングバーについての学びと、準備

一番最初に、ヨシカワさんから、UXシンポジウムの話を聞いた。そのとき、LTを企画したりしたのだが、最終的にラーニングバーをやることなった。

始めて開催するので、僕は早速本を購入して、読書をした。そういえば、最近本が増え過ぎである。

さて、ラーニングバーの書籍を書い、いろいろ面白い本だなーって読んで思ったりした。

開催まで1ヶ月ぐらいかな? そのとき、UX Fukuokaでシンポジウムミーティングをして、森田先生から、ラーニングバーや、ラーニングバーのやり方の説明や相談をしたりして、理解を深めた。

こうした、ラーニングバーの学びもあったりしたが、もちろん、準備もした。今回は準備は前回より楽だった気がする。

参加者の増え方は今回びっくりした。1週間で30~40人ぐらい増えた? 掛け込み多すぎである。

当日

当日は、朝の8:30ぐらいにおきた。というか、犬に起こされた。そして、パンを食べた。いつものパンの味だった。そのあと、時間に余裕があったので、開発機を起動して、軽く、最近作ってる、SQLビルダーの開発を少しした。まずまず進んだ。

うだうだやってると、UX FukuokaのメンバーがSlackで、出発の連絡があった。僕はわりと、比較的、家と会場が近いところにあったので、遅く出ても大丈夫だった。とはいえ、いいぐらいであったので、準備をして家を出た。

会場に付いてから

会場は九州産業大学である。UX シンポジウムのサインの確認をしながら会場に向かった。案外駅から遠かったように思える。

会場に付く前に、メンバーと食堂で合流した。ざるそばを食べた。以外と量が少なかった。あと、食器片づけるのがちょっと分かり辛かった。

会場につくと、九産大の学生さんたちが既にいて、椅子が並べてあった。今回は九産大の学生さんたちが良く働いてくれて、助かったと思う。学生さんたち、おつかれでした。

f:id:Nobkz:20160702121220j:plain

学生さんたちとメンバーの挨拶をして、僕は、マイクの確認とか、照明の確認など、机の移動や荷物を運んだり、twitterハッシュタグ確認などをしながら、準備をすすめて行った。

f:id:Nobkz:20160702125845j:plain

f:id:Nobkz:20160702125831j:plain

f:id:Nobkz:20160702125849j:plain

準備している間に、浅野先生や、倉光さんが来られた。そうして、さらに準備していると、参加者の方々も続々と来られた。

スタート

そうこうしているうちに、UX シンポジウムが始まった。最初にヨシカワさんと森田先生から説明があり、すぐに浅野先生の登壇に移った。

f:id:Nobkz:20160702154016j:plain

浅野先生の話

最初の浅野先生のセッションがあった。毎度おなじみの話が多いのだが、復習として聞いて良かった。ただ、初めての人達には情報量が多い濃密な時間なんじゃないかと思う。というか一回聞いただけじゃ、やはり難しいところがあるとは思うので、是非とも今後UXのコミュニティに参加されたら良いと思う。あと、資料もまだまだあるらしいので、聞きたい方はまた勉強しに来て頂ければと思う。

倉光さんの話

浅野先生のあとは、倉光さんの話。ピースご飯が一番印象に残っている。倉光さんのがゲームのUIから入って、UXを学び、クックパッドまでの経緯や、クックパッドさんのデザインの実践の話が結構あったと思う。地道に、やっていたんだなと思った。クックパッドさんはクックパッドさんのやりかたで、デザインをされていると思うので、自分達がどういう風にやるべきか?を考え自分達で実践し、効果を挙げて売上を伸ばすまでということを考えられるかが、勝負であるとは思う。

ラーニングバー

これが、一番面白かったところである。

倉光さんのセッションが終わり休憩の後、机を移動した。

f:id:Nobkz:20160702155609j:plain

さて、机を移動した後、サンドイッチやおかしが机の上に置かれた。その後森田先生から、ラーニングバーの説明があった。

f:id:Nobkz:20160702155827j:plain

そのあとラーニングバーがスタートした。

いくつか島ができていた、最初、みんななんの話をしたら良いか分からないという感じだったが、とりあえずみんなで自己紹介をしながら、立ち話で、「今日はどうだったか?」みたいなことを聞きつつ、最初は懇親会の雑談みたいになっていた。

f:id:Nobkz:20160702164140j:plain

そして、浅野先生から、全体から10個ほどテーマを出して、テーマを出したオーナーを中心にグループを作り直して、再度そのテーマについて議論するという流れになった。

テーマはホワイトボードに書いて、参加者の名前を付箋を貼り、グループになる感じ。

f:id:Nobkz:20160702170358j:plain

ホワイトボードを凝視して、どのテーマに行くかみんな考えている感じ。

f:id:Nobkz:20160702164450j:plain

始まってみると、みんな活発に議論をやり出してすごい。やはり、参加者毎に関心や層が違うので、共通のテーマを持っている人達は、議論しやすいのかと思った。

f:id:Nobkz:20160702174125j:plain

UX Fukuokaのメンバーはファシリテータとして参加するが、なにもしなくても議論が活発になっていた感じ。僕は倉光さんと学生のお悩み相談のシマに行った。福大生で、大学で、自分達で学びとして、経営を実践しているということ。まだ、社会人の感覚みたいなものが分からない感じがあって、教える先生って大変だなぁとか考えていた。

そのあと発表があった。グループ毎に、議論の流れを発表して、浅野先生や倉光さんに意見を感じ。学生の発表が長々と時間を取って面白かった。「学部生に教えるのはつまらない」ってのがひっかったみたいで。

f:id:Nobkz:20160702175452j:plain

そんで、時間が伸びそうになったが、森田先生がしっかり調整してくれたみたいで、時間ちょっきり、グループ全部の発表が終わった。すごい。

そんで、最後に、会場を移して、参加者と登壇者とスタッフで飲みに行った。

個人的に思ったこと。

ラーニングバーは難しいなと思った。細かいとこだが、おそらく付箋を使わせるなら、付箋を張るスペースが必要だと思うし、今回はサンドイッチやおかしがジャマで張れてない感がある。あと、机の高さも問題なように思える、もっと付箋を書いたりする工夫が必要である。立食形式にしたが、最終的にみんなイスに座って議論していた。イスに座ったほうが、付箋を書くなどの作業がやりやすくなるのだろうか?

最近、UXの読書会などと、コミュニティの活動を続けていたのだが、今回のイベントを通して、以外にも、いろいろな人達がUXに関心を持っていることにまず驚いた。そんで、今後の活動に新しい人を入れるようにアプローチを変えて行きたいと思った。

今迄は、「自分達だけの学び」で必死だったが、今後は初心者と共に、いろいろなことを学ぶ場にしたいと思う。UX Fukuokaはなんか怖い会と思われている様子で、そんなことは全然ないということを伝えていきたい。

参加者の中にも、HCDやUXデザインなどに興味を持ってくれて、もっと勉強したいと話していたので、是非とも一緒に勉強していきたいなと思った。

  • 関連ブログ

みんな書くの早い。書くスピードほしい...

UXシンポジウム2016 福岡に登壇して来ました | 経験デザイン研究所

UXシンポジウム2016福岡でラーニングバーをやってみた - モリタヤスノブログ3.0

UXシンポジウム2016 福岡 に参加した - hor.note

UXシンポジウム2016福岡行ってきたよ。【ラーニングバー編】 - miki_mgh’s diary

UXシンポジウム2016 福岡レポート | Developers.IO

UXシンポジウム2016へ参加しました – デザインの考察、思考についてのブログ