読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UX イイズカ04 レポート

UXイイヅカ04 - ビジネスモデルを考えるケーススタディ・ワークショップ - e-ZUKA Tech Night | Doorkeeper

に参加したのでレポート。

朝からイイズカまで。

朝8:00、いつもの様に、犬に起される。犬ウザイ。御飯はパンとジャム。んで、犬がクンクンやっている間に、僕がうだうだ、しばらくやっていた。

んで、家を出て、イイズカへ。11時くらいの電車に乗る。博多駅で、福岡から参加メンツで合流。飯塚へ。

昼は、コンビニで、パンとオランジーナ。オランジーナおいしい。

ビジネスモデルを考える

そういえば、今回、講師の吉川さんが、またまた、書籍をたくさん持ってきてくれた。ビジネスモデルに関する本。まぁ、流石ですなぁとか思った。

ビジネスモデル勉強会

講義?

今回は、吉川さんが「私は講師ではありません!」と宣言しながら、とりあえず、簡単なビジネスモデルキャンバスについての説明をしていた。というか、本の内容のまんまだなーと思った。

ビジネスモデルキャンバスワークショップ

さて、さて、チーム別にビジネスモデルキャンバスを作るワークショップ。僕等は、福岡面子で固まって、UX Fukuokaのビジネスモデルキャンバスを作成した。

顧客セグメントを考える。

まず、模造紙に線を引いて、壁に張る。

f:id:Nobkz:20150328135420j:plain

そして、顧客セグメントについて、ペタペタ付箋を貼って行った。 まずは顧客が大事。顧客の思考や行動属性を書く。

一杯出た。

f:id:Nobkz:20150328140734j:plain

一杯出たので、グルーピングして、優先順位を付けた。

f:id:Nobkz:20150328142234j:plain

価値提案

顧客価値から、価値提案を付箋で書いてペタペタ。顧客が欲しがるものに対して、どうUX Fukuokaは提供しているのか?というのを書いた。

f:id:Nobkz:20150328143222j:plain

チャネルと顧客との関係

さて、そのあとチャネルと顧客との関係を書いた。 チャネルは、顧客とのタッチポイント、顧客の関係は、ユーザとのどんな関係を構築したいか?ということだ。

f:id:Nobkz:20150328144624j:plain

収入の流れ

収入の流れを書いた。ここでは、UX Fukuokaは企業をやっているわけじゃないので、お金の流れだけでなく、お金以外の自分達の得るもの「ベネフィット」の流れを付箋で書いた。

主なリソース、主要活動

UXの資産は何か?を考え付箋をペタペタ。 UXでやっている活動を考えペタペタ。

f:id:Nobkz:20150328145045j:plain

キーパートナー

キーパートナーな変わりのいない、重要な協業相手。付箋をぺ(ry

コスト

何かをやるにはコストが書かる。コストを書く。付箋を(ry

UX Fukuokaの現状のビジネスモデルキャンバスの完成

パンパカパーン。

f:id:Nobkz:20150328150153j:plain

自然と中間発表の流れに

なんか、休憩中に、他のグループの見てたら、なんか、自然と発表会になってたww

f:id:Nobkz:20150328151011j:plain

ビジネスモデルキャンバスの改修

さて、さて、現状のビジネスモデルキャンバスに対して、改修をした。ぽよぽよー。 青い付箋が改修したものぽよ。

f:id:Nobkz:20150328155034j:plain

発表会

最後に発表会。 別のチームの発表も聞いてた。他のチームはUXイイヅカについてのビジネスモデルキャンバス。なるほど、UX Fukuokaも同じ流れを UX イイヅカは辿っているらしい。

f:id:Nobkz:20150328162044j:plain

懇親会、終了

ピザ!。だべる!。 帰りは快速に乗れた。

まとめというか、感想

今回は、なんだかんだ、ビジネスモデルキャンバスをやってみた。なんか、これ、すごい整理されるなって感じ。

なるほど、ビジネスモデルキャンバスの下の付箋、ビジネスが支えている感があるとか、なるほど、顧客提案が中心にあったり、凄く位置関係に、なるほど意味があるんだなと思った。